HOME  >  事業情報  >  構造設計事業  >  耐震診断  >  概要

耐震診断

耐震診断とは

建物の地震に対する強さ、すなわち「耐震性」の度合を調べること

 地震力に対して安全に設計することを「耐震設計」といい、そのための基準を「耐震基準」といいます。現在の耐震基準は、「新耐震設計基準」と呼ばれているもので、1978年(昭和53年)の宮城県沖地震後に耐震設計法が見直され、1981年(昭和56年)に大改正されたものです。この新耐震基準により設計された建物は、阪神大震災においても被害が少なかったため、その耐震基準が概ね妥当であると考えられています。 住宅やビルが地震に対してどの程度被害を受けにくいかといった地震に対する強さ、すなわち「耐震性」の度合を調べるのが「耐震診断」であり、阪神・淡路大震災の教訓をもとに1995年(平成7年)12月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行されました。この中では現在の新耐震基準を満たさない建築物について積極的に「耐震診断」や改修を進めることとされています。

耐震診断の手順

構造設計事業

関連リンク | サイトマップ | 個人情報保護について | 利用注意事項 | お問い合わせ先 | 取引先さまへ
Copyright 2017 JSC Corporation All Rights Reserved.